« 親からの差し入れや自弁 | トップページ | いよいよ外へ »

2016年12月24日 (土)

親との面会や差し入れや自弁

拘置所にうつり接見禁止が解除され、初めて母と接見した時は、ただわたしは泣いていました。。
張り詰めていたのが弾けたのかな。。

母親は、わたしを、かわいそう、と言いました。
母はもともと天然なんですが、初めて接見で会った瞬間に言ったのが、ここ鳩すごいいるから次はパン持ってくるわ!でした。。

実は鳩がすごくて毎朝鳩の大合唱なんです。。

話は戻りますが、拘置所では、いろんなものが買えました。
わたしは、花と花瓶を買いました。
拘置所でも一人部屋だったので、自由に飾れました。

花瓶は100均にあるようなプラスチックの入れ物です。
花は、いろんな花がありました。
定期的に花を買って三畳の部屋に飾っていたのですが、窓辺には何も飾るなと言われました。

外部に対する何かの合図と取られるようです。

ある日、すごい喉が痛くて目が覚めました。
なんと、その日は大きい花なので、花粉がすごかったみたいです。
朝起きて花の中を洗い流しましたが、何日も毎朝花の中を洗うことになりました。次から次へと花開くためです。

拘置所では、トイレットペーパーは自分で買わないといけません。
お金のない人はもらえますが、ザラザラの紙だし、一日に使う量も規定があります。

女性のみ、肌や唇に塗るクリームが支給されました。
アロエ配合の緑色のクリームですが、これが良かったです。

拘置所で一番高い買い物は、松下の電気カミソリです。
顔を剃る電気カミソリですが、確か4000円以上しました。

« 親からの差し入れや自弁 | トップページ | いよいよ外へ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2110912/68969526

この記事へのトラックバック一覧です: 親との面会や差し入れや自弁:

« 親からの差し入れや自弁 | トップページ | いよいよ外へ »