« お久しぶりです。 | トップページ | ありがとうございます。 »

2018年8月18日 (土)

夫のこと

夫を遺体で自宅に連れて帰ったこと

2月に東京拘置所で夫が遺体引取人としてわたしを申請しました。
3月に大阪に来てからは緊急連絡先及び遺体引取人を、わたしに指定していました。
夫は遺体での引き取りを希望していましたので、葬儀会社との契約を早くしてほしいとわたしにいっておりました。
契約までしていない時点での執行でしたが、
拘置所が葬儀会社を当日紹介してくれましたので、お昼には夫と会えました。
葬儀会場スタッフの方からは、自宅移送となるとマスコミなどがいる等の理由でやめたほうが、と何度か言われましたが、いいえ、連れて帰ってあげたいんです、と言い了承を得ました。

棺が通れない箇所があるため、夫は葬儀会社の車内からストレッチャーに乗せられ、わたしの自宅に帰ってきました。

夫の希望は、聞こえるように小乗のツァンダリーのCDを流し続けること、棺に入れるもの、遺骨はガンジス川上流のウッタルカシ村で流してほしいこと等いくつかでした。

我が家で3泊4日した夫は、9日の月曜日の午後三時に火葬されました。

« お久しぶりです。 | トップページ | ありがとうございます。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夫のこと:

« お久しぶりです。 | トップページ | ありがとうございます。 »

無料ブログはココログ